山のPanda

山々を巡る旅

パンダ号 最近の調子

パンダ号に乗って渋谷に向かった。幌にあたるぱちぱちという雨音が心地いい

sh003

外出がはばかられる中、こういうとき好きな車に乗れるってのはありがたいよなぁ とパンダ号に感謝しつつヒーターのスイッチを入れるとピヨヘロピロ〜 と壊れた笛のような音が鳴った。温風は出ないしフロント周りからガタガタと振動がする。スイッチ類のランプも切れてしまったようだ。

駐車場に着き傘を取り出そうとリアゲートを開けたらダンパーが抜けて頭の上に落ちてきた。ついでにワイパーももげて飛んでいった...パンダ号よ なぜにこんなに壊れるのか、割れるのか、飛んでくのか。たぶん山に行けないから調子が悪いんだろう。俺もそうだ

sh004

中小企業向けの資金補助申請のため区役所に向かう。うちの事務所は絵に描いたような零細企業なのです。騒動以降自分にお給料が出ていない。ピンチだ。

そしてダッシュで申請を済まさなくてはいけない。なぜなら超お高い駐車場だから

 

区役所はすごい人混みだった。場所柄あやしそうな経営者さんがたくさんいて興味深い。とはいえどんなに小さくても一国一城の社長さん。疲弊した顔で列に並んでいる姿はグッとこみ上げてくるものがあります

sh001

sh002

sh000

役所と銀行で長時間またされたのち記入すべく申請書類を大量に渡される。疲労困憊で人の少ない雨の渋谷をとぼとぼと歩く。駐車代でさらに凹んだ。

 

その後、体調を崩してしまったので近所の医院に行ってきた。

ここの先生は山が大好きなので壁に掛かっている絵画から受付のカレンダー、果ては医院のロゴマークまで山ばかりなのです。待合スペースにある本は山と渓谷か岳人だろう。知らんけど。待っている間、受付横のテレビには雪の槍ヶ岳で遭難者が救助される映像がリピートで延々と流れていた。ナレーションは柳生博。もう少し違う山の映像あったやろ..とつっこみつつ鑑賞したら意外と内容が良くて見入ってしまった。

診察の呼び出しが入った。案の定、今は内視鏡などの機器は使用できないらしく院長先生と会話しただけだった。主に山の話。スマホに入っている登った山画像を見せて盛り上がりちょっと気分がよくなった...って カウンセリングか!

yus000

あれから1カ月近く経ったけど未だに融資してもらえていない。

納税の書類は速達並みで届くのにね