山のPanda

山々を巡る旅

2020.3.15阿弥陀岳中央稜

関東でも雪の降った先週末、阿弥陀岳に登ってきました

世の中モヤモヤした空気が蔓延してますがこんな時こそ山に行って深呼吸でもしましょう

 

登山道までのアプローチも雪がっつり。パンダ号ぶひぶひ言いながら登っていきます...がんばれっ!!

  

朝日を浴びて元気よくいくぞ!..と思いきや初っ端から登りづらくてみるみる体力を消耗していく

 

積もった雪を払いのけたらこの通り。。

 

中央稜は序盤の沢を渡ったあたりから頂上まで一気に駆け上る感じです。高低差は1,000mくらいでしょうか

長い樹林帯を抜けるといよいよそびえ立つ岩稜地帯へ。氷が付いてテカテカに光ってますね。右手奥の南陵も真っ白

 

中盤の取り付き。地味な岩画像だけど掴めない刺さらない足場がないでトラバースにすごい手こずりました

 

そんな緊張のなか振り返るとこの景色

八ヶ岳の麓から雲向こうの北アルプスまで一望。右手には雪帽子をかぶった蓼科山が見えますね。かわいい〜

 

尾根に出ると権現岳が姿を見せてくれます。後ろには富士山と南アルプスの山々。真っ白な白峰三山が美しい。ナイスビュー!

 

阿弥陀の頂上が見えてきました。ラストのリッジを越えればノーマルルートと合流です。あと少しを気を抜かず焦らずに..

  

登頂 !

大迫力の赤岳がお出迎え!前日に降り積もったおかげで最高の雪景色に変えてくれました

両手を広げて大きく深呼吸。これ以上ないくらい澄みきった空とキンキンに冷えた空気、文句なしの100点やね

 

さて、一息ついて下山開始。くたびれたけど楽しかった〜 

  

中央稜はアイスを隠すようにさらさらの雪が積もっていて最後まで気の抜けないルートでした

雪の八ヶ岳はまた来年。素晴らしい冬の思い出になりました

 

 

【CT】

04:50舟山十字路→10:00阿弥陀岳→12:00御小屋山→13:00舟山十字路