山のPanda

PANDAで山々を巡る旅

2019.6.9阿弥陀岳

梅雨の季節がやってきましたね。

今日も朝からしとしとと雨が降っています。

 

こんな日こそ静かな山に登りましょう。

 

久しぶりの阿弥陀岳中央稜ルート。

舟山十字路に車を停めて山へ向かって歩いて行きます。

最初に目につくマーカーは右へ

その先、右手にあるうっすらマーキングされている木を見つけたらおもむろに山側を登り始める(道なりに進むとハマります)

特にマーカーもないので右へ左へ巻きながらひたすら登る。

ラストの取り付き。濡れた草でズルッと落ちないよう慎重に。。

 

尾根に出て振り返って一休み。平地がないので常にふくらはぎパンパン。山頂はもうちょい

 

無事登頂。登ってる人は見当たらず静かな山頂。

森からガスが立ち上がり風に流されていく。 霧の八ヶ岳も素敵です。

神秘的な風景、画像で伝わるといいなぁ

帰路は御小屋山経由で下山。このコースから見上げる姿がダイナミックでかっこいい。

 

この日はキツネの親子をみることができました。

静かな山はいいな。

 

 

–––––と、山の中で考えた

 

歳をとるにつれて一層 人が多かったり賑やかな山が苦手になってきている。

何というか自分が柔軟さを失って他人のやり方を受け入れにくくなっているのがすごく自覚できる。

まさに自分が昔嫌いだったおっさんの姿だ。

 

このままいくととんでもなくふさぎ込んだ頑固じいさんになりそうで怖い。

割と先々の人生に影響するテーマなのでじっくり考えていきたい。。