山のPanda

PANDAで山々を巡る旅

2019.10.5八ヶ岳 大天狗

今年何度目だ の八ヶ岳

秋晴れのこの日は清里側からアプローチして大天狗に向かいました

美し森ロッジからゲートをくぐり地獄谷へむかう。砂防ダムをいくつか越えて静かな森の中へ–––––

谷間の沢を右へ左へ渡りながら進みます。そこかしこから鹿のごそごそ隠れる音や鳴き声が聞こえてきた。驚かせてごめんよ。一応「ちょっと通らせてね」と声を掛けておこう

出合小屋到着。ここからは痺れる傾斜が続きます。気合いをいれて登りましょう

顔の高さくらいの笹をかき分けながら

ぐいぐい2時間半ほど登ると樹林帯を抜けます

見上げればカニのはさみ岩が見えてきた。軽くストレッチをしていよいよ岩稜地帯へ

壁のようなP2峰の取り付き。核心部はこの辺でしょうか。

剥がれそうな岩を避けながら慎重に。。

たまらん高度感 

巨大な大天狗に到達。すごい迫力だ。右へトラバースして登りました

小天狗を捉える。こちらは左に巻いて

最後の岩稜を越えると絶景がまってます。がんば!

登頂!頑張った甲斐あって最高の景色を見ることができました

ラストはハイマツを漕いで赤岳の縦走路に合流。松ヤニで身体中べっちょべちょです

秋の青空と赤い山肌の鮮やかなコントラストが美しくため息がでる。まるで一枚の絵画のよう

 

キレット小屋到着。お疲れ様でした 

晩ご飯のお米はお釜で炊きたてですよ!

 

 

翌朝は登り返してツルネから下山。この道も静かでいいルートですよね..(登りは泣きたくなるような急登ですが

バリエーションルートが豊富で訪れるたびに新しい発見がある南八ヶ岳。今回も素敵な山歩きが出来ました



そうそう、今更ながらYAMAPのアプリケーションを使ってみた

僕は丸太とかに腰かけながら紙地図やコンパスを眺めて「この辺にいるハズ..」なんて想像するのが好きなんだけど、ポチッと画面をタッチするだけでこんなに詳細に自分の位置や方角が分かってしまうとは..

 

今回、山小屋やテント場ではタブレットで映画を観てる人や実況するYouTuber(?)な方なんかもいて山での過ごし方も変化しているんだなぁ と感心するとともに『便利になる』とはなんだろうと考えてしまった。

少々味気ないけどこれからはスマホを握りながら山歩きすることになるだろう。もう紙の地図には戻れないと思う–––––便利との付き合い方 難しいね

 

 

【CT】

1日目 07:00美し森ロッジ→9:00出合小屋→11:20カニのはさみ岩→12:00大天狗取り付き→12:40赤岳縦走路合流→13:45キレット小屋

 

2日目 06:00キレット小屋→06:30ツルネ→08:00出合小屋→09:45美し森ロッジ

 

 

2019.9.28高宕山

以前から気になっていた千葉の秘境 高宕山。

場所が君津市あたりということもあって先の台風の影響は避けられなかっただろうな と思いながら向かいました

登山口から言葉が出ないくらいの惨状。今回は記録として残しておこう

 

細い尾根道は唯一歩けそうな箇所

尾根道の先あたりで大木が根こそぎ倒れ登山道がめくれ上がってました。左手の崖を登って巻いて進もうとしたけれど掴んだ先からボロボロと崩れ落ちるため断念

 

下山後、千葉の知り合いから山好きの有志の方々がのこぎりなどを持って少しずつ登山道を修復されていると聞きました。本当に頭が下がる思いです。

林道を車で走らせると大勢の自衛隊の方々があちこちで整備にあたっていた。ニュースではなく山や集落を実際に目で見てやっと被害の大きさを意識することができた自分が情けない。

 

そんな自分がいま出来ることは街を訪れてちゃんと復旧されているところを伝えたり地元の特産品を買ったりすることくらいでしょうか。

 

 

そんなわけで先週から運行を再開したいすみ鉄道にも初めて乗ってきました

鉄道にはそれほど興味が無いんだけど車窓から流れる風景はのどかで美しく日本の田舎はいいなぁ とあらためて思いました。たまにはゆっくり走る電車の旅もいいもんですね

乗車のとき手を振って見送ってくれた駅員さん、おいしい定食屋を嬉しそうに教えてくれたお婆さん、歩いていたら冷たいお茶を飲んでいけと声を掛けてくれたおじさん

山は歩けなかったけど素敵な人々に出会えた一日でした

 

【CT】

07:00石射太郎山登山口→07:20石射太郎山→07:40分岐→07:45登山道崩落のため下山→08:15石射太郎山登山口

 

 

足腰の治療

山道を走らせてばかりでだいぶお疲れのパンダ号。

 

先日、泥よけが割れてしまい小石を巻き上げるようになってしまった。日本にはおそらく残っていない地味な部品

1か月かけてやっとeBayで見つけました。

イタリアの田舎町にある工場からの出品だったんだけど海外発送はしないよ とのこと。諦めきれず「いつもパンダと山を走っていますが最高に頼りになる相棒...とはとても言い切れないけど愛らしさがある車です。大事なボディを痛めずこれからも山を走り回りたいので出来れば譲ってほしい」と(Google翻訳で)パンダ愛をメールで伝えたところ無事発送してくれた。

「これからも沢山乗ってやってくれ。部品で困ったらまたメールしろ。チャオ!」とメッセージが添えられていました

 

 

サビついて落ちそうなマフラー・抜けきったショックを交換。カラカラ音が鳴るキャタライザーは廃車から移植

これでまたしばらく一緒に山に行けるだろう。がんばって走っておくれ