山のPanda

PANDAで山々を巡る旅

2019.7.7越後駒ヶ岳

それにしても雨 よく降りますね。

関東では晴れ間のない梅雨空がずっと続いていて太陽も青空も二週間以上見ていないんじゃなかろうか。

 

青空をもとめて南魚沼へ–––––

 

3時ころからぼつぼつ登り始め明神峠あたりで朝をむかえる。

お、朝焼け!久しぶりの太陽に思わず声がでた

越後駒ヶ岳、森に深く深く入ってから登攀が始まる感じがとてもいいですね。

上部は雪渓がしっかり残っていて朝はガリ雪。軽アイゼン忘れたので慎重に登る。

 

下界では蝉が鳴いていて今年初の夏を感じました。

お花もいっぱいです。

そうそう、この青空。これを見に来たんだ。

頂上に着いてゴロンと寝転んでしばらく空をみてたら気分爽快!青い空、最高やな。

 

最近、ネットでどうしようもないニュースの見出しや炎上コメントが目に入るだけで気が滅入るようになってきた。 耐性のなさにがっかりだけど、こういうのって心の大事なところにホコリのように気づかないうちに少しずつ少しずつたまっていくんだと思うんですよね。

そしてクサクサした性格になってしまうんだろうね。

 

そんな時は山でぽんぽんとホコリを払おう。

風邪気味だった体も調子よくなり、下向きだった気持ちも晴々して下山したのでした。

帰路は駒ノ湯→銀の道ルート。

あまり人が通らないので顔の高さまで草ボーボーだったけど、そこら中でトンボが舞ってカエルの声が聞こえ夏草の匂いが漂っていてなんだか子どもの頃を思い出した。

そうだ 小さいころは大した高さの草じゃなくてもジャングルみたいに感じたもんだ。

 

そういえば登山口の枝折峠、駐車場まで坂がきつくてあんこはみ出すくらいアクセル踏み込んでなんとか登りました。オーバーヒートするかと思ったけどよう頑張った。

えらいぞ と褒めてやった

はやく梅雨あけないかな

 

 

2019.6.23奥久慈男体山

福島と茨城の県境、奥久慈へ

もっさもさに木々が生える山 というか森。ルートは健脚コースで登ってみよう

序盤を越えると鎖・クサリ・くさり・・・ひたすら続く岩場だけどスラブ状の岩とかもあってなかなか飽きない。ホールドする岩がそこかしこにあるので鎖を使わずに登ると面白いです。

 

頂上までさほど距離もなく登頂。健脚コースというよりは鎖場直登コースという感じですね。

山頂は見晴らし抜群。

見渡す限り広がる深緑の森。谷間に見える小さな集落–––––すばらしい景色

昔々の日本にはこんな風景がいっぱいあったんだろうな。

 

標高650m程とコンパクトな山ながら高度感もありルートバリエーションも豊富にあって楽しかった。

ノーマルルートはハイキングのような明るい樹木のトンネルを歩けたり

お花も沢山

ヘビイチゴ発見。小さい頃よく食べたなぁ。

毎回期待して食べるんだけど味が薄くてスカスカで美味しくないんだよね。。さすがに学んだのでもう食べません(笑)

なので帰りに鮎をいただきました。

6月から漁の解禁になる大子町の鮎(おおぶりなのに350円!)。大変おいしゅうございました

奥久慈の山々、冬も楽しそうですね。次回は温泉とセットでこよう

 

そうそう、帰宅してザックを広げたら超巨大ムカデが入っていて悲鳴をあげてしまった。梅雨時の山は蛭やムカデに気を付けましょうね( ;∀;)

 

 

2019.6.9阿弥陀岳

梅雨の季節がやってきましたね。

今日も朝からしとしとと雨が降っています。

 

こんな日こそ静かな山に登りましょう。

 

久しぶりの阿弥陀岳中央稜ルート。

舟山十字路に車を停めて山へ向かって歩いて行きます。

最初に目につくマーカーは右へ

その先、右手にあるうっすらマーキングされている木を見つけたらおもむろに山側を登り始める(道なりに進むとハマります)

特にマーカーもないので右へ左へ巻きながらひたすら登る。

ラストの取り付き。濡れた草でズルッと落ちないよう慎重に。。

 

尾根に出て振り返って一休み。平地がないので常にふくらはぎパンパン。山頂はもうちょい

 

無事登頂。登ってる人は見当たらず静かな山頂。

森からガスが立ち上がり風に流されていく。 霧の八ヶ岳も素敵です。

神秘的な風景、画像で伝わるといいなぁ

帰路は御小屋山経由で下山。このコースから見上げる姿がダイナミックでかっこいい。

 

この日はキツネの親子をみることができました。

静かな山はいいな。

 

 

–––––と、山の中で考えた

 

歳をとるにつれて一層 人が多かったり賑やかな山が苦手になってきている。

何というか自分が柔軟さを失って他人のやり方を受け入れにくくなっているのがすごく自覚できる。

まさに自分が昔嫌いだったおっさんの姿だ。

 

このままいくととんでもなくふさぎ込んだ頑固じいさんになりそうで怖い。

割と先々の人生に影響するテーマなのでじっくり考えていきたい。。